『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。




【ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚】総評:ただ1点不満はありますが、ボリュームも糖度も好み。



PR


kengakimi_vita1_01.jpg


Vita【ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚

ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚

都ニ新シイ炎ガ燃エル

 

 *1

炎の怪人の事件から一年経過した帝都トウキョウ ―――

あれから大きな事件や事故はなく、

帝国図書情報資産管理局「フクロウ」はいつも通り和綴じ本を探し、

稀モノを調査する職務をこなしていた。

 

平和のように見える日々。 だがそれは、

放たれた火種が大きく燃え上がるまでの序章にすぎなかった。

 

 

 

PR

 

 

 

 

 攻略対象

 

 ◎尾崎隼人(CV:梶裕貴)

◎鴻上滉(CV:岡本信彦)

◎汀紫鶴(CV:鈴木健一)

◎星川翡翠(CV:逢坂良太)

◎鵜飼昌吾(CV:木村良平)

◎鷺沢累(CV:櫻井孝宏)

 

 上記攻略キャラ後解放される、

「クロユリ」ルートの全7ルート。

 

攻略順は、基本的に誰からでもいいような気がしますが

登場人物のネタバレ的に

「鵜飼昌吾」→「鷺沢累」の順番で攻略したほうがいいかもしれません。

 

 

システム・スチル

 

クイックセーブ・早送り共にもっさり感はなく、特に不便は感じませんでした。

ただ、場所と時間をシーンで挟むのですが

それがちょっと面倒な時があります。

 

スチルはアングル等偏りもなく綺麗だと思います。

各キャラ30枚前後有りますが、差分込みです。

 

 

ストーリー

 

前作、大団円後から1年ちょっと経過した頃からスタート。

個別ルートは、各キャラと「恋人」もしくは「婚約者」の関係です。 

 

1つの事件を、追いかけていくストーリーになっていて

いろんな視点で事件を追いつつ進んでいきます。

ですが、「金太郎飴」感はほぼありません。

 

 

最後に

 

思っていたよりも、ストーリーにボリュームがありました。

もっと、さっくり行く感じかと勝手に思っていたので…。

いい意味で、裏切られました( ^ω^ )

 

糖度のほうも個人的には満足。

ただ、キャラによっては、お付き合いの展開が早急な感じが

否めないものも有りましたが…まずまず良しです(←)

 

そして、メイン以外の「オ楽シミ」の短編集諸々も

とても良かったです。

 

メインキャラ以外の心情が伝わってくるので、

ストーリーに厚みができて、読後の満足感がありました。

 

個人的には、杙梛と四木沼。

数回読み返すほどには好みです。

 

杙梛が攻略対象で無かったことは

とてもとてもとても!残念だったのですが

 

全体的に良作だったと思います。

そんなこのゲーム

 

  • 前作攻略済みの方
  • 前作で糖度不足を感じた方
  • 愛され主人公を堪能したい方

 

そんな方は是非是非。

楽しめる作品だと思います( ^ω^ )

 

 

 

ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚

ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚

 

 

 

 

攻略一覧はこちら

 

 

 

前作記事はこちら

 

 

 

 

*1:HPより引用