『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。

【罪喰い~千の呪い、千の祈り~ for V】キャラ感想:「上樹(かみき)家」



PR


kengakimi_vita1_01.jpg


Vita【罪喰い~千の呪い、千の祈り~ for V

f:id:syumiroom1:20170706141907j:plain

「守人(もりひと)」「蒼太(そうた)」「連(れん)」

 

ネタバレ考慮でストーリーの内容には触れずに、 

キャラのみの感想をまとめています。

 

 

 

 

 

 

上樹 守人(CV:小野友樹) 

f:id:syumiroom1:20170706141533j:plain

「私は、そこにいる私の花嫁を迎えにきたんだ」 

 

一千年前から世羅姫の婚約者。

前代で世羅姫の魂を見失ったことで、ずっと彼女を探していた彼は、

 

寡黙で無表情のせいか冷たい印象を受けますが

色々と可愛らしいキャラでした。

 

強気に出てきますが、それは常識のライン、羞恥のラインが違う事で

出てくる天然。

跳ね除けられると、叱られた子犬のようにシュンとします。

 

なので、頭はとてもよくて、面倒見もよくて、頼り甲斐があるのに

「放っておけ無い…」と思わせるところが個人的には好ましかったです。

 

婚約者という立場的に、他ルートでは

どうしても、対峙するキャラになるのでちょっとかわいそうになる程には

構いたくなりました(笑)

 

彼の葛藤がジワジワと伝わってくるストーリーも

丁寧で楽しかったです。

 

 

田井 蒼太(CV:榎木淳弥)

f:id:syumiroom1:20170706141737j:plain

「確実に約束できるのは、

俺は俺の一生を通して、薫を幸せにするって事だけだ」

 

主人公の親友である素子の双子の兄。

美術部所属。 爽やか美男子で重度のシスコン。

 

見たまんまの、まっすぐ爽やか少年。

主人公と同じ立場、同じ思考でわかり合って、支え合ってという感じです。

 

少々、強引な展開もあったようには思いましたが

最後まで爽やかで、まっすぐで、わかりやすい少年でしたが

個人的には少々物足りないルートではありました。

 

 

永海 連(CV:赤羽根健治)

f:id:syumiroom1:20170706141758j:plain

「君が笑ってくれれば、僕はいつでも幸せになれる」 

 

世羅姫の従者だった『連記』の転生体。

優しく見えるが、基本「主人公第一主義」。

 

1000年で色々と、ひねくれて歪んでしまった面倒な性格ですが

いつも冷静な彼が、主人公の事になると感情がストレートになるところ等は

楽しめました。

 

色々と過去が明らかになるにつれ

「世羅」「連記」「守人」の関係が紐解かれていくと

彼のこじらせ具合と策士っぷりが表立ってきますが、

 

一番、「世羅姫好き」をこじらせていた割には

以外とすんなり「薫」を受け入れたなと…ちょっと思いました。

 

ただ、色々とこじらせてた理由も、

見かけ以上に繊細なメンタルがそうさせたんだなと

 

理解できるところはありましたし、

彼の魅力でもあるなと思った、連でした。 

 

 

 庵崎 司(CV:宮澤真一)

f:id:syumiroom1:20170706142343j:plain

「もっと甘えなさいよ、あんたに遠慮されると寂しくなるわ」

 

友人の娘だった主人公を引き取り育てた。

父であり母でもある司は主人公の1番の理解者。

 

彼との個別ルートはありませんが

とことん主人公を甘やかして包み込む魅力的なキャラでした。

 

変に、彼との関係を恋愛にからませなかった点も

好ましかったです。

 

 

 

その他感想はこちら

 

 

 

攻略はこちら