『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、公に叫べない乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。

【DYNAMIC CHORD feat.KYOHSO V edition】総評:いろんな意味で彼らをサポートしていくお話



PR



kengakimi_vita1_01.jpg


Vita【DYNAMIC CHORD feat.KYOHSO V edition】 

DYNAMIC CHORD feat.KYOHSO V edition (通常版) - PS Vita

 

結成10年目、メジャーデビュー5年目を迎える「KYOHSO(キョーソー)」

ヴォーカルのYORITOを中心に結成された人気ロックバンド。

 

その所属事務所に、新卒で就職した主人公は、

目の前を通りかかったYORITOに「マネージャーをやらないか」と声をかけられ

マネージャーとしての奮闘が始まります。

 

そうして、目まぐるしい日々を送る中

癖のあるメンバーとの間に、芽生える恋の行方は…

 

  

攻略キャラ

 

  • ヴォーカル「YORITO」(CV:森久保祥太郎) 

     

  • ギターリスト「TOKIHARU」(CV:立花慎之介)

     

  • ベーシスト「YUU」(CV:石川界人)

     

  • ドラマー「SHINOMUNE」(CV:八代拓)


以上4名。

オススメの攻略順は、特に無いように思います。

 

私は、依都→時明→優→篠宗

個人的好みの順番で攻略しましたが、問題なく楽しめました( ^ω^ )


 

システム・スチル

 

スキップ機能、クイックセーブ機能ともにスムーズで

攻略上のストレスは、特に感じませんでした。

 

スチルは、各キャラ9枚。

 

見やすい絵柄で、立ち絵との差も左程感じる事もなく、

まとめられていたと思います。

 

ただ、依都の立ち絵、サングラスありバージョンには違和感…

こればっかりは、最後まで慣れませんでした。

 

 

ストーリー

 

本編・Encore・Specialstoryと有って

選択肢が用意されているのは「本編」と「Encore」。

 

本編は短い共通を経て、個別に入ります(全体的に、サックリ短め)。

本編のその後を描いた「Encore」は最初から個別です。

 

本編とEncoreは一気に、続けてやる方がボリュームが出て

ちょうど良いくらいかもしれません。

 

 

 

 

 

最後に

 

初「DYNAMIC CHORD 」。

高校生、大学生をすっ飛ばして

大人キャラである「KYOHSO」に手を出してみたわけなのですが、

 

ところどころに会話上の絡みは出てきますが、

がっつり絡んだ部分はないので単発でも問題なく攻略はできましたし

 

各々に、何かしらの問題を抱えているメンバーとのやりとりは

概ね、楽しかったです。

 

大手を振って「面白かったーーーー♡」と言えないのは、

攻略対象の「癖のある部分」が活かしきれて無い印象を受けた点と、

篠宗ルートの、サブキャラ&主人公が、個人的に合わなかった点。

 

 

どちらも、「好みだ」と言われればそれまでなのですが、

攻略キャラも設定も好みでしたし、

途中までの展開が、面白かっただけに

 

ストーリー展開での、あと一歩の踏み込みや

キャラの深みが欲しかったな〜と…ちょっと思ったこの作品

 

 

  • イケメンバンドのマネージャーをしたい方
  • 癖のあるイケメンを手懐けたい方
  • いろんな意味で、一肌も二肌も脱いであげる展開が好みの方
  • さっくりと恋愛を楽しみたい方

 

そんな方は、楽しめるのではないかと思う1本でした。

 

 

 

攻略はこちら