『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、公に叫べない乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。

講談社【溺れるナイフ】(著:ジョージ朝倉):一筋縄ではいかない人間模様



PR



kengakimi_vita1_01.jpg


溺れるナイフ】全17巻 

溺れるナイフ(1) (別冊フレンドコミックス) 著:ジョージ朝倉

 

 あらすじ

 

どうすればいいのかわからないけど、欲しいのはこの子だけだ――。

小6の夏芽(なつめ)が越してきたのは、東京とあまりに違う田舎の町。

 

そこで出会った一人の少年に、夏芽は自分の中の「何か」が、

大きくうねるのを感じていた……。

せめぎあい、追い上げ、追い込んでいく、破裂寸前の10代のこころを描いた物語。

 

 

 

 

 

 感想

 

主軸になる2人が、初めて出会った小学校時代から高校にかけてを

思春期の危うさや、根拠のない自信

甘いだけだじゃない「世の中」との対峙…etr

 

そんなものが、ジョージ朝倉さん視点で

魅力的なキャラクターを介して描かれている作品。

 

本当に手に汗握る展開や

個々のキャラクターの描写が巧みで、ラストまで一気に読んでしまう

勢いがありました。

 

この方の作品を読むたびに

毎度思いますが

 

物事の着地点がリアルというか、

こちらが凹まされるほどに、鋭いところに落としていくので

 

凹むのに、先が気になって気になって…

結局、今回も大人買いでした。

 

寄ると傷つけ合うにも関わらず 

本能で惹かれ合う2人の物語…読みごたえのある作品でした。

 

 

  

ジョージ朝倉さん、他作品感想