『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。




【花朧 ~戦国伝乱奇~】感想:押しに弱い心根の優しいツンデレ「竹中半兵衛」



PR


kengakimi_vita1_01.jpg


Vita【花朧 ~戦国伝乱奇~

f:id:syumiroom1:20170126120142j:plain

 僕に触らないでください。……もう、放っておいてください。

 

竹中 半兵衛 CV:浪川大輔

 

 *1

斎藤龍興に仕えている少年。元々は 龍興の祖父・道三に仕えていた天才軍師。

一人を好み、誰に対しても素っ気ない態度で 仲間同士の馴れ合いが嫌い。

ただ、道三のことだけは特別に思っている。

 

 

 

 

 

感想:あどけなさが抜けないツンデレ半兵衛 

 

織田の城に客人として滞在することで姫様との交流が始まります。

 

ツンツンしてて誰に対しても臆することなく発言する半兵衛に暴言を吐かれながらも

どこか彼を放っておけない 姫様が

なにかと半兵衛の世話を焼くことで段々と壁がなくなってきます。

 

そうやって仲良くなってきた頃

アランが姫様と仲良くしてるのが気になり出したりするのですが

 

可愛らしいです。

半兵衛もアランも、とっても癒やされます。

 

 

このルートでは、

アランの正体や、姫についてる狐の朧「黒・玉」の正体が明らかになるのですが

切なさを残した展開でした。

 

アラン贔屓なので特にそう感じました。

そして、あとがたりの「アラン」をみると更に切なかった…

 

そんな展開の中迎えるラストは個人的には「常END」が好み。

幸せいっぱいよりも、少し影を残した試練がいい感じでした。

 

 

…これで、信玄→勝家→半兵衛と3人攻略済みとなったわけなのですが

段々と姫様の暴走具合への不満が蓄積されてきた感が拭えない…

 

半兵衛を攻略したことで信長が解放されたので

この蓄積された不満が解消されることを願って、次は長政ではなく

好みのキャラである兄様ルートに行こうと思います。

 

 

 

攻略はこちら

 

 

*1:HP引用