『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。




【Collar×Malice】感想・愛すべき単細胞「榎本 峰雄」



PR


kengakimi_vita1_01.jpg


Vita【Collar×Malice

twittericon_a03s_mineo.jpg 

んでそんな可愛いんだよ!ムカつく!」

 

榎本 峰雄(CV:斎藤壮馬)

 

*1

23歳。元は新宿署・第二機動捜査隊にいた。

直情型で猪突猛進。

良くも悪くも嘘がつけず裏表のない性格。

 

明るく前向きなムードメーカー。

尊とは言い争いが多い。

犯人と繋がっている可能性のある主人公に強い疑惑を抱いている。

彼が疑心暗鬼になるのも、過去のある事件がきっかけのようで……?

 

 

 

 

 

感想:「まっすぐ似た者同士のバカップル」でした。

 

主人公が事件に巻き込まれた時に助けてくれた柳の事務所に

所属する探偵として出会います。

 

歌舞伎者のノリでガッツあるまっすぐおバカキャラで

ウブで、厨二思考の愛すべき単細胞です。

 

基本的に、熱血で真っ直ぐすぎるおバカなキャラは

萌えないのですが

例に漏れず、峰雄も9割がた萌えませんでした。

(決して嫌いではありません。萌えないだけです^_^;)

 

そして、こういうキャラとセットになる主人公は

大概ちょっと抜けた暴走キャラだったりすることが多いのですが

峰雄の市香ちゃんもちょっと子供っぽくて、

 

個人的に「同じ目線」でというよりは 

一歩退いた視点で2人を見るに至りました。

ただ、ストーリー自体は面白かったです。

 

始まりの事件を調べていくので徐々に紐解かれていく感や

同じ事件でも視点が変わって

関わりが変わってと変化があるので

 

そのあたりを存分に楽しみつつ

要所要所にくる峰雄の残り1割に含まれた萌え要素を堪能♡

 

といった感じでした。

 

萌えは少なかったですが

いろんな意味で単純で真っ直ぐで暴走も有りますが

人間味のあるキャラなので好感は持てますし

 

市香ちゃんと乗り越えていく姿には

自然と応援したくなるものもあったように思います。

 

事件へのネタばらしは岡崎よりあったかな?と思うので

攻略順的には

 岡崎→峰雄ときてネタばらしがちょうどいいかなと

今のところ感じています。

 

これって、HPのキャラ順が攻略順?

とちょっと思ったので

次、本当は白石さんに行きたいところなのですが

先に尊から行ってみようかと思います♪

 

 

 

攻略はこちら

 


*1:HPより抜粋