『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、主に乙女ゲームの感想や攻略を綴っているBLOGです。

【7'scarlet】(セブスカ) 総評・徐々に紐解かれる「絶望という名の奇跡」

PR

kengakimi_vita1_01.jpg

 Vita【7'scarlet】(セブンスカーレット)

7'scarlet

り広げられる絶望という名の奇跡 ———

 

奥音里(おくねざと)で兄が行方不明になって1年。

 

そんな時に「奥音里禁忌倶楽部」の管理人の呼びかけで、

オフ会が開催されることになったと幼馴染のヒノに言われ

 

そこに参加するため、主人公とヒノは奥音里に降り立つことに。

そこで出会った

 

住み込みのシェフ「甘梨イソラ」

ネコ好きのオタク「櫛奈雫トア」

医大生の「建比良ソウスケ」

風厘館オーナーの「叢雲ユヅキ」

 

ホテルを仕切る天才中学生「比良坂ユキ」

ゲーム好きの女性従業員「須沙野ユア」

風景カメラマンの「月読カグラ」

不愛想な小説家「烏丸チカゲ」

 

彼らを巻き込み、次第に明らかになっていくこの町のもう一つの顔と

村の人間なら誰もが知る、伝承「屍者伝説(ししゃでんせつ)」。

 

消えた兄の足跡を辿る旅は

思いもしなかった意外な結末を迎える――。

 

 

PSVita「7'scarlet」オリジナルサウンドトラック

PSVita「7'scarlet」オリジナルサウンドトラック

  • アーティスト: 杉浦勇紀(Heinrich Von Ofterdingen)
  • 出版社/メーカー: 発売元:MUZZLE DUZZLE MUSIK ALLERLEI/販売元:アルドゥール
  • 発売日: 2016/11/25
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

攻略対象

 

以上6名。(個々の感想は名前をclickで)

 

攻略制限がかかっていて

初期攻略は「迦具土 ヒノ」「甘梨 イソラ」

 どちらかを攻略すると「櫛奈雫 トア」「建比良 ソウスケ」が開きます。

 

上記4名を攻略すると

「叢雲 ユヅキ」が開き、その後「櫛奈雫 トアの真相編」を経て

「隠しキャラ」と続きます。

 

それも踏まえて攻略順は

ヒノ→イソラ→トア→ソウスケ→ユヅキ→真相→隠しキャラ

 がいいかなと個人的には思います。

 

ヒノとイソラはどちらが先でも良いのですが 

主人公と同じく「奥音里のことを何もわからない状態」であるヒノから始めることで

入りやすさを感じたので上記攻略順、私の推奨です( ´ ▽ ` )

 

システム・スチル

 

スチルは全キャラ差はありますが12枚前後

(隠しキャラあたりは少ないです)。

ちょうど良く挟まれて来て、物語を盛り上げてくれていて

若干、パースが狂ってる?と思うものもありますが比較的綺麗です。

 

メパチクチパクはありませんが表情の変化はありました。

セーブ等スムーズで特にストレスを感じることもなく攻略できたように思います。

 

ストーリー

 

ストーリーは「夏祭り」までが共通でそれ以降、個別ルートに突入といった感じですが

ユヅル、真相、隠しキャラは「NEWGAME」から

シーン選択で始める形になっています。

 

前半の4名は共通部分が若干金太郎さんですが

退屈するような物ではありませんでした。

 

最後に

 

全体的な流れとしては、いろんな物が絡まっていて

攻略を進める毎に謎が解かれていくような流れの中で 

それぞれの恋愛が絡んできたり、思惑が絡んできたりしています。

 

ある程度進めると、予想のつく範囲の物もありますが

総合して考えると、引き込まれる内容だったかなと。

 

恋愛要素は甘々ではありませんが

物語の内容、展開に合わせた糖度でしたし個人的には違和感なく楽しめました。

ちょっと切ない展開も多く含まれているので

攻略後は少々疲れるところもあるかもなこのゲーム

 

  • ミステリー調(あくまで乙女ゲームなミステリー)がお好みの方
  • 少し切ない展開がやりたい気分の方
  • いろんな意味でモテモテを楽しみたい方

 

そんな方にはオススメです♪

若干、サックリ感はありますが楽しめる作品だと思います。

 

 

7'scarlet

7'scarlet

 

 

 

攻略はこちら