『乙女ゲームも大好きです!』

と言えない小心者が、色々ある「日々の糧」への想いの丈を綴るBLOG

【7'scarlet】感想・真面目で理屈っぽい「建比良 ソウスケ」

★感想-【7'scarlet】 ★感想
PR

kengakimi_vita1_01.jpg

Vita【7'scarlet】(セブンスカーレット)

twi_sosuke_thum.jpg

あ、あんたには難しい話だったな。今のは忘れてくれ。」

 

※少々ネタバレ

 

建比良 ソウスケ(CV:沢城千春)

 

奥音里で出逢った青年。

寡黙でやや理屈っぽいところのある医大生。

冗談のセンスは皆無で

「冗談だ」と本人申告しないと誰も冗談だと気づかない。

 

感想:「意外とお笑い担当?」な彼でした。

 

奥音里の本屋で助けてもらうことで出会い、

禁忌倶楽部の一員でもあり同じ宿に泊まっています。

 

真面目で冗談が冗談に聞こえない彼との交流は

「夏祭りに行ったことがない」彼と

夏祭りに行くことで深まっていきます。

 

このキャラ辺りから

村の秘密に触れていくのでシリアス展開なのですが

 

意外とソウスケが真面目に呟いてることに

主人公が心の中でつっこんでいたりして

「クスッ」とくる物が所々にありました。

 

物語の展開としては頭脳派な展開で

ここで初めて「主人公を付け狙う犯人」の正体が暴かれるのですが

 

一番、「謎を追ってる感」と言いますかミステリー感があったように思いました。

萌えどころはやっぱり何にでも一生懸命で理屈をこねつつも、

自分の気持ちに翻弄されてたりする部分でしょうか…

 

焦ってる姿や照れてる顔が

どこか可愛らしかったソウスケでした。

 

 

7'scarlet

7'scarlet

 

 

 

攻略はこちら