『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、主に乙女ゲームの感想や攻略を綴っているBLOGです。

【絶対階級学園】感想・白薔薇様「鷺ノ宮 レイ」

PR

kengakimi_vita1_01.jpg

Vita【絶対階級学園

rei2.png

雅で高貴な王子様

 

鷺ノ宮 レイ CV:木村良平

 

「咲き誇る薔薇」階級の3年生。

 

公家の血を引く鷺ノ宮家の長男で、

陸と同じく特別な立場で「白薔薇様」と呼ばれて慕われています。

 

階級問わず誰にでも優しく接していますが

なかなか他人に本心を明かさないところがあります。

 

 

感想:「萌えたくり」のドツボでした。

※そこそこのネタバレあり

 

陸との接点を持つと同時に始まったレイとの交流ですが

王子様然としたレイには好感をもつ主人公。

 

周りに蔑まれながらも

優しくフォローしてくれるレイにどんどん惹かれていきます。

 

彼との物語は一筋縄ではいかず

石ころルートでは

 

好意的に接してくれるなんでもできるレイに惹かれつつ

身の回りで起こる不穏な出来事なか

 

なんでも一人で抱え込むところのあるレイの本質に

触れていくことになります。

 

一番のネタバレキャラであるレイですが

石ころから真相に向かうにつれて

 

弱さを克服していく過程や

悠然と構えてそうで意外と子供っぽいところ

陸以上に独占欲が強いところ…等々

 

見かけからして色々と私のどストライクでした(= ̄ ρ ̄=) ♡

 

薔薇ルートでは

王子様キャラであるレイの「優しい」部分が空回りしていくのですが

 

レイに見合うようにと無理を重ねていく主人公の想いとか

それにつけ込む悪意とか

意外と大人で周りを見ている陸とか…

個人的にレイの薔薇ルートはやってて一番面白かったです。

 

「好きな人に認められる」ことよりも

周りの評価が気になっていく過程とか

間違ってると思うのに修正をかけられない想いとか…

 

BADもGOODも良かったです( ´ ▽ ` )

陰鬱な感情が表立ってるけど

どんな形であれお互いへの想いが見える纏まりが

個人的には高評価でした。

 

若干、スチルのレイ様が面長なものが多くて残念でしたが概ね満足♡

レイ様好きです。

 

 

絶対階級学園 - PS Vita

絶対階級学園 - PS Vita

 

 

 

攻略はこちら