『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、公に叫べない乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。

【大正×対称アリス all in one】総評・最初から最後までが複雑に絡み合った物語


PR


kengakimi_vita1_01.jpg

 Vita【大正×対称アリス all in one

 

大正×対称アリス all in one - PS Vita

——れは王子様を救うおとぎ話

 

気づけば真っ暗な世界にいた主人公。

歩いても歩いても自分以外が存在しないかのような真っ暗な世界で

出会った少年「アリス」。

 

彼と共に潜った水晶の鏡の先には

全てがあべこべの「鏡の国」がありました。

 

そこには、心に傷を負ったおとぎ話の登場人物たちが

主人公を「ヒロイン」として迎えます。

 

これは、ちょっぴり不思議で歪な世界で

ちょっぴり歪んだ王子様を救うおとぎ話———

 

 

攻略対象

 


以上7名(個々の感想は記事をclick)

 

攻略順は

シンデレラ→赤ずきん→かぐや→グレーテル→白雪→魔法使い→アリス

かな〜と個人的には思います。

 

episodeごとに分かれていること、攻略制限がかかっていることもあって

上記に近い攻略順にしかなりませんが(解放条件は攻略一覧に記載)

一番自然な流れのような気がします。

 

 

システム・スチル

 

メパチクチパクはありませんがデフォ呼びは有るので

ボイスの不自然な空白もなく楽しめるかと思いますし

 

システム面でもクイックセーブ、タッチ操作等々不便は感じませんでした。

 

スチルの方は結構差分があって枠的には9枚前後ですが

差分を入れると結構な枚数になるものもあったりします。

 

ただ、表示された時点で「回収」なので

回収作業はさほど手間でもありませんでした。

 

絵は好みにもよるかもしれませんが

特別不自然なものなどはなかったように思います。

 

もう少し前半にもスチルが欲しかったかな〜

と個人的には思ったり思わなかったり…ですけど(´∀`; )

 

 

ストーリー

 

このゲームはepisodeごとに2人づつに分かれていて

共通部分は1人攻略すれば飛ばせます。

 

そして、episodeごとにそれはあるのですが内容が少しづつ違います。

その変化も物語の布石になっていますし

そんなに長くもないので

「同じじゃ〜ん」と思って飛ばさずにやった方がいいかな〜と思います。

 

なぜなら、この物語はすべての攻略キャラが繋がっているからです。

 

キャラの選り好み以前に

一つのお話だと思って攻略していくと

 

後になるにつれ、物語の深さみたいなものが

より伝わりやすくなると思います。

 

「フルコンプして初めて完結」そんなゲームです。

 

 

最後に

 

「童話」というふわふわした題材ですが中身はさほど軽くはないです。

人間の内側の部分の弱さであったり悪意であったり

 

自分が自分たらしめるもの

その人が、その人たらしめるものは一体なんなのか…

みたいなちょっと哲学めいた重めのテーマがベースにあったりしますし

 

物語が絡まり合ってるだけに

必然的に切ない要素も含んできたりします。

 

なのでその辺を踏まえて

 

  • 童話テイストが好きな人
  • 頭の回転のいい主人公が好きな人
  • メンタル面が言うほど弱くない人
  • 王子様を救うことに専念できる人
  • ストーリー重視で乙女ゲームを選びたい人

 

そんな人はぜひ手に取ってみてもいい作品かな〜と思われます。

というか、「やってほしい!」

そう思えるゲームでした( ´ ▽ ` )ノ

 

 

大正×対称アリス all in one - PS Vita

大正×対称アリス all in one - PS Vita

 

 

 

攻略はこちら