『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。





【予約】【LIVE配信】11/23 舞台『刀剣乱舞』小田原城特別公演


【大正×対称アリス all in one】感想・愛ゆえに全てを知りながら付き従う「魔法使い」



PR


kengakimi_vita1_01.jpg


Vita【大正×対称アリス all in one

 

魔法使い2

法使いは魔法使いであって他の何物でもないのさ

 

魔法使い(CV:羽多野渉)

 

各物語に現れる謎の青年。

会う度に違った印象をみせながら

ひとつの目標に向かって動いているらしい。

 

※以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

感想:どちらも「切ない片想い」

 

白雪攻略後解放される「魔法使い」。

「全ての物語」を知っていて「全ての物語」の結末を見守って、導いてきた

彼の本ルートはこれまでの趣向とは違う

 

「5人の婚約者(シンデレラ、白雪、赤ずきん、かぐや、グレーテル)から

期日までに誰か一人を選ばなければ殺される」

 

というような脅迫状を受け取った

主人公が事件解決を求めた「探偵」として現れ

 

各婚約者の「過去の痛み」を正しく理解していくことで

犯人の目星をつけていく…

そんな流れの中行動を共にしていきます。

 

なんといいますか薄々分かってはいましたが

彼が一番お気の毒です。

 

愛した女性に「私に全てを捧げて、利用されてちょうだい」と言われて

 

報われることのない想いを胸に

自ら「万能の駒」として忠実に動いているわけですから

切なくないわけがないです。

 

ただそれでも、

主人公は魔法使いに恋をします。

 

その向き合わないベクトルをどう折り合いをつけていくのか…

どんな結果を導き出すのか…

魔法使いはどうなるのか…

白雪以上に真相を知っている彼が本当はどう感じているのか…

 

障害ありきの恋愛と布石の回収

そのあたりが大好物の私としては

先が非常に気になって、どんどん進めた魔法使いルートでした。

 

 ほぼこの辺りで各キャラクターがどういう立ち位置で、

 

  • 何故、この物語が始まったのか
  • 何故、彼らは傷を抱えているのか
  • 何故、魔法使いは、魔法使いなのか

 

物語の真相が見えます。

ただ、それは魔法使い視点のもの。

 

 

更にそこから「深層の真相」であるepilogueへと

進んでいくわけなのですが

続きは「感想・アリス」で…

 

 

 

攻略はこちら