『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。





【予約】【LIVE配信】11/23 舞台『刀剣乱舞』小田原城特別公演


【大正×対称アリス all in one】感想・オレ様な現実主義者「シンデレラ」



PR


kengakimi_vita1_01.jpg


Vita【大正×対称アリス all in one

 

シンデレラ2

レ様 イズ ルール!!

 

シンデレラ(CV:平川大輔)

 

親が成金の放蕩息子。

尊大で高慢ちきで、なんでもお金で解決しようとする彼は

 

住居兼喫茶店のオーナーで癖のある2人の弟に

喫茶店を任せ遊び歩いています。

でもその実、硝子細工のように繊細…そんな俺さま。

 

 

 

 

 

感想:「ダメっぷりも愛しい恋模様」でした。

 

彼とのお話は、かなり傲慢で高慢ちきなシンデレラの人柄を

クローズアップするカタチで始まります。

 

「金こそ正義!」

 

そんなシンデレラとお見合いをすることになった

小賢しく頭の回る(←いい意味で)一筋縄ではいかないお嬢様の主人公が

 

相手の人となりを知ろうと、身分を隠してシンデレラと交流を持つことで

進んでいきます。

 

進めるにつれ見えてくる

シンデレラの本質と環境、それに伴う葛藤…

そんなものが、大筋「童話のシンデレラ」をもとに描かれています。

 

ただ、ふわふわと綺麗事とご都合主義だけを

ピックアップして詰め込んだ「シンデレラ」ではなく

 

夢のある童話にやたらと現実的な設定を組み込んでみたり、

テンポの良い、いろんな意味で練られた会話を組み込んでみたり

笑いと山場と夢と現実がバランス良く織り交ぜられている「シンデレラ」でした。

 

何といいますか不思議と

繊細すぎてダメダメになってるシンデレラの

ダメっぷりさえも愛らしく思えたり

 

「これ!」と決めた主人公の並々ならぬ行動力も

小賢しいキャラがきちんと立ってるので(いい意味で!)

 

「いやいやいやいや馬鹿じゃないの?」

というツッコミなしで楽しめました(*^_^*)

 

欲を言えば

ラストに向かう2人の恋の障害が

もう少し丁寧に描かれても良かったかも?と思わなくもないですが

 

ともあれ初「対アリ」一人目攻略でしたが感触は上々♡

「面白いです、これ♪」

と思えたシンデレラルートでした。

 

 

 

攻略はこちら