『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。




【赤い砂堕ちる月】感想・傍観者「永祥」/好敵手「杏紅」



PR


kengakimi_vita1_01.jpg


Vita【赤い砂堕ちる月

 

180-180eisyou.jpg

は私にとって特別な存在なんだよ

 

永祥(エイショウ) CV:村田大志

 

尚書令「鄧択」に使える符術士で

主人公の師匠であり養父でもある永祥。

ドジでのんびりとしている風でどこか悟ったところがある。

 

 

 

 

 

感想:「壮大」でした。

 

風属性の彼に合わせて

恋愛脳ですっとぼけたおバカさんキャラの

face_kaze.pngで攻略。

 

とぼけた永祥の上をいく、すっとぼけ振りで周りを呆れさせるキャラですが

壮大な永祥ルートには丁度いい抜け感だったように思います。

 

翔俠を攻略することで解放される

杏紅&永祥ルート。

 

冒頭でのシーンの真相、

なぜ同じような境遇の弟子の中で主人公だけが養女になっているのか、

なぜ記憶がないのか、永祥が何者なのか、赤い目の意味は…?

 

等々の謎解きがされます。

 

そして、一気に話は壮大さを増すのですが

壮大でややこしいはずなのに

こじんまりした印象が拭いきれませんでした。

 

途中までは

いい感じにドラマティックに展開していくのに最後が尻すぼみというか…

設定の割に他よりコンパクトにまとめられてるのは壮大だからこそ敢えての展開?

 

でもでも…!

尚書令の下りだけで終わるとか…物足りないし!( ;´Д`)

もっと主人公悩むべきじゃないの〜?とか思ってみたり…

 

小噺で解消されるか?とも思ったけれどそこも、ふわ〜っと終わってるしで

(いや、これはこれで面白かったけれど…)

 

途中段階で期待しすぎたのもありますが

個人的には少々消化不良を起こした永祥ルートでした。

 

 

 

 

 

杏紅(キョウコウ) CV:種崎敦美

200-40kyoukou.jpg

 

めちゃめちゃ早足ですが

女の子同士の友情って感じで良かったと思います。

 

ただ、「別に主人公が主じゃなくても良さそうだけど…」とは思いました。

 

全体的に安定の展開で安心感はありました。小噺も「女子!」って感じでしたし 

最後はほのぼの終了…そんな杏紅( ^ω^ )

 

 

 

攻略はこちら