『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、主に乙女ゲームの感想や攻略を綴っているBLOGです。

【百花百狼~戦国忍法帖~】感想・命を賭して仕える忍び「月下丸」

PR

kengakimi_vita1_01.jpg

Vita【百花百狼~戦国忍法帖~

 

02.png

にとっての一番は貴女をお守りすること

 

月下丸(CV:羽多野歩)

 

三歳の時に親を亡くし、弟の黒雪と共に主人公の家に引き取られ

子供の頃から主人公の護衛をしています。

 

真面目で忍びとしての能力も高く、信頼も厚い彼ですが

すべてにおいて主人公が優先で、過保護気味。

 

 

感想:「主従色、濃ッ!」でした。

 

終始「槐(えんじゅ)様」の彼。

 

初期の印象としては

「一直線で素直に主人公に向かっていく」王道路線なのかな?と思っていたのですが

 

進むにつれて「病み系??」と思わされ

最後は「あ〜そうだったのね〜」という展開があって

私、意外と楽しめました(= ̄ ρ ̄=) 

 

…ただ、(個別に入った始めの辺りの)

主人公の性格がイマイチ納得はいかなかったです。

 

蝶治郎から月下丸と攻略したのですが

蝶治郎の時の主人公が「忍びとしての覚悟」が

ある程度しっかりとなされていた分

 

フワフワと守られ思考の月下丸の主人公の甘さが

妙に際立ってしまって…もどかしさを感じました…ε-(´∀`; )

 

でも、月下丸のタイプとしては

こんな感じの主人公じゃないと成立しないのかな?

と思わなくもないですし

 

終わってみれば、だんだんと覚悟を決めていく感じは

良かったのではないかとも思いました(あくまで振り返ってみればの印象)。

 

その辺りを除けば

月下丸の盲目さをイジる周りの反応もやり取りも

思わず笑いが出るところなどもあったり、

 

私が好きな展開である「横恋慕キャラ」が出てきたり

(ここはもっと掘り下げた展開が欲しかったですけど…)

 

全体的に甘ちゃん守られ主人公に合わせた

展開ではありましたが面白かったです。

 

今後、彼はどこまでいっても従者気質を貫きそうだなと感じた

月下丸ルートでした。

 

 

 

百花百狼~戦国忍法帖~ - PS Vita

百花百狼~戦国忍法帖~ - PS Vita

 

 

 

攻略はこちら