『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。





【予約】【LIVE配信】11/23 舞台『刀剣乱舞』小田原城特別公演


【Dance with Devils】感想・不安定で一途な守護者「立華 リンド」



PR


kengakimi_vita1_01.jpg


Vita【Dance with Devils

 

リンド2

マエは下がってろ、俺が全部片を付ける

 

立華 リンド(CV:羽多野 渉)

 

主人公の兄。留学先のイギリスから1年ぶりに帰宅した

妹想いの優しい彼は

 

妹を守るために幼い頃から厳しい訓練を受け

エクソシストとしての顔も持っています。

 

妹のことになるとまわりが見えなくなる節がある。

 

 

 

 

 

感想:「あっさり風味の病み」でした。

 

妹を守るため、自分の自我を守るため厳しい訓練を受けてきたリンドは

グリモワールを狙うアクマやヴァンパイヤから妹を守るために奔走します。

 

他ルートの時もちらほらとそうなるのですが

本ルートになるとさらに病んできます。

 

妹を守ろうとするも、だんだんと追い詰められてしまう状況の中

自分の出生や、妹への想いからどんどん不安定になって…と進んでいきます。

 

総じて「兄キャラ」って病んでるの多いですよね〜

長い長い片思いから、思い詰めて、拗らせてそうなっていくのでしょうけど、

リンドも例に漏れずでした。

ただ、シキほどの壊れ具合もなくあっさり病んでるな〜と感じる程度。

 

想いを寄せられる主人公の葛藤が浅いせいなのか

リンドの出生がクローズアップされてるせいなのか

 

「兄妹」設定には付きものの

「禁断の愛」的な印象も個人的には薄めだったかな〜と。

(いや、ある意味禁断なのかもしれませんが…(笑))

 

主人公にリンド、母親、叔母…

(おじいちゃんの研究のせいなのでしょうが)

色々詰め込まれすぎているからか

 

頑張るお兄ちゃんも、

追い詰められるお兄ちゃんも、

病んでるお兄ちゃんも嫌いじゃありませんが

全体的な纏まりに物足りなさを感じたのが正直なところです。

 

攻略後思い返してみると最後にチラリと見えた

レムの主人公への想いが一番ときめいたように思うリンドルートでした。

 

  

攻略はこちら