『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、公に叫べない乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。

【Dance with Devils】感想・臆病者のエリート夢魔「楚神 ウリエ」



PR



kengakimi_vita1_01.jpg


Vita【Dance with Devils

 

ウリエ2

は、僕だけの可愛い蝶々さ

 

楚神 ウリエ(CV:近藤 隆)

 

四皇學園の生徒会副会長。

女性をたぶらかす天才的な才覚を持っている彼は常に甘い言葉を

ささやき続けています。

 

魔界六貴族であるフューザー家の長男でレムとは幼馴染。

優しい王子様のように見えるが、その実、腹黒い。

 

 

 

 

 

感想:(私の)「萌の宝庫」でした。

 

終始甘さを携えて、主人公の元へやってくる彼は

甘い言葉と、優しい態度で主人公を囲い込もうとしてきます。

 

なかなか落ちてこない主人公に、手を尽くしていくわけなのですが

その中で自分の核心を突いてくる主人公に興味を持ち始めて

 

「誰もが欲しがるグリモワールを手に入れたい」と言う想いが

「彼女自身が欲しい」と言う想いに変わっていきます。 

 

 

そのチャラ男王道ストーリーの大筋の中で彼が見せる

思いがけない余裕のなさだとか、欲しいのに手を出せない臆病なところだとか、

どうしても試してしまう弱さだとかが

 

もぉ〜ツボ!

 

自分を偽っている時とそうでない時の

近藤さんの声質の違いにもトキメキました♡

 

それにENDのまとめ方もどれも良かった!

悲恋にしろ、ハッピーエンドにしろ好みの要素が詰まっていて

攻略後に達成感すらあって…

 

ウリエ最高〜( ´ ▽ ` )♡なルートでした。

 

 

 

攻略はこちら