『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、公に叫べない乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。

【もし、この世界に神様がいるとするならば。】感想「指乃シュリ」



PR



kengakimi_vita1_01.jpg


Vita【もし、この世界に神様がいるとするならば。

 

もし神シュリ

ーあ。キミとボク、やっぱりこうなっちゃったね

 

指乃 シュリ(CV:梶裕貴)

 

可愛い容姿で、いつもニコニコ人当たりのいい彼ですが

言いたいことは結構ズバズバ言いつつ

ネジと戯れてます。

 

 

 

 

 

感想

 

感情的になることは滅多にない彼が

唯一、主人公に対しては感情的になってしまう…

 

そんな自分の行動をも「理路整然」と考え

改善する頭のいい彼とのお話は

共通で問題になる人間関係を追った形で進んでいきます。

 

「帰還END」は特にこのゲームの人間関係、世界観の説明が

一番丁寧に描かれていて

 

共通ルートの内容から、まっすぐ進んでくる感じなので

分かり易かったという印象。

 

真相に向かうと、主人公のバックボーンがあかされてくるんですが

ネジルートほど詳細が語られないので個人的には受け止めやすかったです。

 

(少し、シュリのトラウマ表現が弱かった気もしますが…

この辺りは想像力を生かしていけば大丈夫です(←何が?笑))

 

さて。シュリくんルートの主人公ですが

共通ルートの暗さ、引っ込み思案さが引き継がれてるので、

「言葉」にすることよりも「思案」してるほうが多いです。

 

「」より()で語られると言いますか(笑)

 

それを、「自分と似ている」ということでシュリが察して代弁…と言うのが

大方のやりとりなのですが

ほんと、ビンゴに当ててくるシュリがすごかった。

 

精神的な支えを得た主人公も

なんだかすごく自然に恋心抱いてたように見えて納得でした( ^ω^ )

 

シュリも意外と強引で男前な行動だったりもして、

良かったです♪

 

中性的なキャラはあんまり好みではないのですが

口元の色気のあるホクロや、

耳元で語られる梶くんボイスには萌えた〜♡

 

ただ、スチルが…なんと言いますか残念なのが多かった印象です…ε-(´∀`; )

これは辛い。

 

立ち絵が良かっただけにスチルのガッカリ感が…

そこがちょっぴり残念でしたが

 

他とはちょっと違った展開が

新鮮だったシュリルートでした。

 

 

 

 

攻略はこちら