『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、公に叫べない乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。

【もし、この世界に神様がいるとするならば。】感想「弓倉ネジ」(追記あり)



PR



kengakimi_vita1_01.jpg


Vita【もし、この世界に神様がいるとするならば。】

 

もし神ネジ 

わんねーな、オレもオマエも。あん時みたいに、キスしてやるよ…… 

 

弓倉 ネジ(CV:浪川大輔)

 

陸上に精を出している真っ直ぐなおバカキャラ。

おバカだからこそ、シンプルなものの考えをします。

 

 

 

 

 

感想

 

煮詰まった時、落ちこんだ時彼の明るさや考え方に、

周りはかなり助けられ、主人公も例に漏れずに元気をもらいます。

 

そんな彼との恋愛は、

トラウマによって、どうしても逃げ腰の彼を

全力で守ろうとする主人公と

 

それを受けて、全力で主人公を守ろうとすることで

成長していくネジ…的な感じでした。

 

このルートではネジの過去はもちろんですが、

主人公の過去(兄との関係性等)も出てきます。

 

(以下ちょっとネタバレ、辛口気味なので気になる方は戻ってくださいね)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主人公の過去は、

「女性、血の繋がらない妹溺愛の兄、トラウマ」のキーワードで

想像できるものです。

 

ただ、10歳であること、その上更に…という所もあって

「おいおい…」という感じのモノでした。

 

ただ、重い設定(きっと受け付けない人もいるだろう設定)の割に

それを乗り切るシーンが「簡潔すぎる…」印象。

 

ただただ、重い設定にしとけばいいだろう的な展開で

「え?それでいけちゃうの?本当に?」「そんなに軽いモノ??」と

気持ち的に燻っていたので

 

クライマックスなのに…

盛り上がるところなのに!

ネジの言葉にも、真実味を感じられなかったというか…

 

全体的に残念( ;´Д`)

 

 

主人公のトラウマ発動は、ラストのラストなんですけど

前半のネジとの恋愛過程も

 

「え?」と思う構成がされているところもあって

良いところもたくさんあったし、萌えどころもソコソコあったのに

 

ところどころ散りばめられた

シラける類(たぐい)のご都合主義に、

 

本来の、私の捻くれた部分を刺激されて(←笑)

楽しみきれなかったというのが正直なところです。

 

「それぞれの重いトラウマを乗り越えて…」的な

ゲームのコンセプトは分かるし理解できる(どちらかというと好き)なのだけど…

 

「取り扱い方がちょっと軽すぎない?」と感じなくもない

ネジルートでした。

 

 

 

(※追記)

 

ネジの後にシュリを攻略したのですが、シュリの次にネジ攻略してれば

もっとやんわりと主人公のトラウマを受け止められたかな?という印象を受けました。

 

シュリで、主人公のある程度のバックボーンを知って耐性をつけておいて

ネジで、そのトラウマの詳細を知る…って形で。

 

個人的に、一気に詳細暴露は少々衝撃だったので

逆にしてればな〜と今更ながらに思いましたε-(´∀`; )

ということで、追記でした★

 

 

 

 

攻略はこちら