『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。




【もし、この世界に神様がいるとするならば。】感想「神里キョウ」



PR


kengakimi_vita1_01.jpg


Vita【もし、この世界に神様がいるとするならば。】 

もし神キョウ

れちまえばいい。アンタが居ない、こんな世界なんて……

 

神里 キョウ(CV:諏訪部 順一)

 

アメリカ人とのハーフで美しい彼は、

「キョウ様」と呼ばれ、女子の人気も高いのですが

それに対しての奢りもなく、

家族思いで面倒見のいい一面も持ってます。

 

 

 

 

 

感想

 

境遇が影響して、自分の弱さを認められずに

突っ張ったところはあるけど本質は優しい…

 

そんな彼との恋模様は

「脆くて繊細な彼」を支えることから始まる感じでした。


同じ修学旅行委員になったことで

接点が生まれ、交流を重ねることで関係が深まるわけですが

 

思ったよりもいろんな意味で重かった!

というのが正直なところです。

 

多分、最初は強制的に帰還END。

2周目から徐々に本質が見えていく、

 

「混沌END」「真相END」「滅亡END」と

選択できるようになっていく感じなのだと思うのですが

 

前知識なしで始めたのもあって

精神的な重さだけではない「重さ」が衝撃でしたε-(´∀`; )

(周回を進める毎に慣れはしましたけど)

 

 

最初は本当に謎だらけなので

それが解かれていく過程は面白かったです。

 

なによりも、諏訪部さんが耳元で囁いてくれる!!

これは、私にはポイント高かったです(笑)

 

総じて、囁き系の内容が甘いので

ニヤニヤでした。

 

一人目攻略ということで

きっと、真相に向かって紐解かれていく謎は

まだまだ残ってるかと思うので

 

順次楽しんでいきたいと思います♡

 
 

 

攻略はこちら