『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。




f:id:syumiroom1:20171124080928j:plain
【VR】ミュージカル『刀剣乱舞』 ~三百年の子守唄~ 全話パック+特典映像


【源氏恋絵巻】総評・なんちゃって平安京で繰り広げられる【光】と【影】の物語



PR


kengakimi_vita1_01.jpg


Vita【源氏恋絵巻

源氏恋絵巻

式部の不朽の名作『源氏物語』をベースにした恋愛アドベンチャー

 

みやびなる月の都……、平安京。

 

主人公は、「光」に仕える女房で

「光」とそっくりの容貌であるにもかかわらず、

自分のことには、さして興味はなく

 

主人に仕える幸せを胸に

日々を過ごしていましたが

 

ある日、目覚めると主人である「光」が

置手紙を置いて姿を消していて…

 

このことが帝にばれたら、女房は解雇、

「光」の評判も下がり、彼女の幸せも脅かされると思った主人公は

同僚と主人を守るため、姫に成り代わることに……。

 

 

  

PR

 

 

 

 

攻略対象

 

  • 紫の君
  • 朧月夜の君
  • 葵の君
  • 六条の君
  • 明石の君
  • 夕顔の君
  • 常盤(制限あり)

 

以上の7名。

 

【以下、個々の感想】

 

攻略順は、特にはないかもしれませんが

紫の君、六条の君あたりは

後のほうが良いのかな?と思いました。

 

攻略制限のある『常盤』は

5名攻略した時点で解放されましたが

最後が良いと思います。

 

真相(といっても前出のキャラで想像つきます)が

明らかになることもありますし

最後の絵巻を、

より楽しむ為にも良いかと思います。

 

 

  

PR

 

 

 

 

感想

 

『なんちゃって平安京』の世界であることを念頭に置いて攻略すれば

楽しめる内容だと思います。

 

どうしても、有名な『源氏物語』が題材であることから

頭の中で、世界観がきっちりと出来上がってしまうところがあるのですが

 

そうやってゲームに入ると

いろいろな違和感に目がいってしまって

ゲームを楽しめなくなってしまうので

 

平安京のパラレルだと認識して各々の言動を受け取れば

キャラクターも(好き嫌いはあるかと思いますが)

それぞれに魅力的ですし、

リップ音満載で、そこそこに甘い内容にまとまってますし、

 

主人公もロゼらしく『病的に一途な思考』を元に動いていて

ツッコミも、良い感じに冴えてますし面白いと思います。

 

攻略キャラたちとは別に

光の宮と藤壺様の「恋模様」が、

キャラを攻略するごとに各5話ずつ

 

それぞれの視点で

その他のシナリオのところに解放されていくのですが

 

それが短いなりに、スチルも入っていて

2人の恋の葛藤が感じられる

内容にまとまっていて良かったです。

 

そこからつながる「絵巻物」も、

『安倍晴明』の語る真相から、さらに先に繋がっていくところ等、

物語としては綺麗にまとまっていて満足感はありました。

 

個人的に、ちょっと夕顔の君あたりで

攻略する勢いが、衰えてしまいましたが

 

フルコンしてみて

『やっぱり、ロゼの癖は嫌いじゃないな』と思った作品でした。