『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。




双葉社【溺れる獣と甘い罠】(原作:松崎真帆、 絵:袴田十莉)全3巻 イケメン2人との絡みが気になって読んでみました



PR


kengakimi_vita1_01.jpg


溺れる獣と甘い罠】全3巻

溺れる獣と甘い罠 : 1 (ジュールコミックス) 原作:松崎真帆、 絵:袴田十莉

 

あらすじ

 

「こんな相性いいカラダ、手放すわけねーだろ」同期のオレサマ・長瀬 恭。

憧れのキミ・神谷 響。

 

好きじゃないのに、こんなに愛しい。

好きなだけなのに、こんなに苦しい。

 

私が欲しいのは、何なんだろう? カラダから始まる切なく甘い秘密。

 

 

 

 

 

感想

 

ざっくり言えば

 

20代後半の広告デザイナーの主人公が、

弱みを握られて体の関係を持った「同僚の俺様」と

「取引先の憧れのキミ」(両方イケメン)と

仕事でもプライペートでも絡んでいく話です。

 

『体だけの関係』というワードのものがよく出てきますが

読んでる限りでは、そんな冷めた関係でもなかったので

正直そこに盛り上がりは感じませんでした。

 

イケメンで仕事のできる男2人も

キャラとしては立ってると思うのですが

 

全体的に盛り上がりそうな要素を

フワッとサラッと通過していきます。

 

絵柄の方は好みはあるかもしれませんが

丁寧に描かれていて

読みやすかったですし、お話のテンポも良かったと思います。

 

ただ、先にも書いたようにハラハラドキドキというよりは

さらっと読めたかなといった印象。

 

もうちょっと其々の駆け引きみたいなものが

掘り下げられていたら

主人公と一緒に悩めたかも?と正直感じました。

 

原作の方はサイトで人気だったようで

(まだ読んでませんが)もしかしたら活字の方が楽しめるのかな?

ちょっと気になります。