『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、主に乙女ゲームの感想や攻略を綴っているBLOGです。

【三国恋戦記 ~オトメの兵法! ~】感想・玄徳軍「玄徳/雲長」

PR

kengakimi_vita1_01.jpg

Vita【三国恋戦記 ~オトメの兵法! ~

 

三国恋戦記~オトメの兵法!~ 公式ドラマCD 玄徳編 逢引日和 三国恋戦記 ~オトメの兵法! ~ 公式ドラマCD 雲長篇 逢瀬

 

 

大義に生きる仁徳者 玄徳(CV:三木眞一郎)

恋戦記 玄徳 

 

幼い頃に父をなくし貧しい暮らしをしていたが、

雲長、翼徳と共に義勇軍を率いて名を上げた。

頼れる皆の兄貴分であり、人徳ある主として慕われている。

面倒見が良く、大らかで自然と人の輪の中心にいるような性格。

 

 

感想

 

孔明に導かれた主人公を、快く受け入れ信じてくれた玄徳。

周りの人間の信頼も厚く、主人公に対しても兄のように接するなか

主人公の立てる策に、さらなる信頼を向けるようになります。

 

主人公も玄徳の優しさに心を寄せるんですが

『誰にでも優しい』所にモヤモヤしていたところ

玄徳に結婚話が持ち上がって…

 

と言った感じの玄徳ルートなのですが

 

彼はムッツリさんです。

 

気持ちを表に出さないわりに、主人公の動向も気になっていて

自分のなかで考えたことを、

そのまま行動に移すので途中経過を吹っ飛ばす傾向があります。

 

そのちょっと抜けているところを、芙蓉姫に怒られたりもして

微笑ましいところもありつつ

やっぱりどーんと構えた包容力が滲み出ていた玄徳ルートでした。

 

 

 

三国恋戦記~思いでがえし~CS Edition

FD 三国恋戦記~思いでがえし~CS Edition

 

 

 

 

翳りをおびた大人 雲長(CV:櫻井孝宏)

 

恋戦記 雲長 

 

穏やかで良識のある大人。

無駄口はたたかないが、間違ったことに対しては容赦なくきついことも言う。

常に冷静で、翼徳の無茶をたしなめる役目。

その落ち着き払った態度は、どこか悟りに似た諦めに見える。

 

 

感想

 

「平和な世界」から「乱世」に飛ばされた主人公に、

乱世の厳しさを、常に説いてくれる雲長は

どこか諦めた雰囲気を持っています。

 

その雰囲気の正体はネタバレになるので飛ばしますが

雲長が静かに諦めようとしていることを

主人公が必死に繋ぎとめようと動き出して…

 

といった感じで進んでいきます。

 

キーポイントである『謎の本』のことがよくわかるルートに

なっていたかと思います。

 

そして、雲長はどこまでいっても暗いやつかと思いきや

吹っ切れると甘い男でした(笑)

 

スペシャルストーリーの展開は少女漫画さながらで、

絵に描いたような内容が逆に雲長っぽかったです。

 

人生経験が長いはずなのに意外と不器用な

雲長さんでした。

 

 

 

三国恋戦記 ~オトメの兵法! ~

三国恋戦記 ~オトメの兵法! ~

 

 

 

総評はこちら