『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、公に叫べない乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。

【レンドフルール】感想:「レオン/ギスラン」



PR



kengakimi_vita1_01.jpg


Vita【レンドフルール

レオン

まえは俺の女だ。それが運命ってもんだ!

 

レオン(CV:興津和幸)

 

北国ピヴォワンヌの騎士。

貴族階級出身だが放蕩三昧だった自由人。

偶然見た主人公の姿絵に一目惚れした結果、

本来の花紋選出者から強引に騎士位を奪った。

 

*** 

 

ギスラン

——— ず俺の主に相応しい者になれ。いいな?

 

ギスラン(CV:近藤隆)

 

東国クリザンテームの騎士。

祖国では軍人として 数々の武勲を挙げ、

「クリザンテームの怒れる刃」との異名をとる。

自他共に厳しい潔癖な性質だが、認めた主に対しては絶対の忠誠を捧げる。

 

 

 

 

 

 

感想:自由と破壊の騎士 レオン

 

登場からして彼には驚きと笑いの衝撃をいただきました。

愚直なまでに真っ直ぐに主人公に思いを寄せている彼は

『大型ワンコ』。

 

本気で空気が読めない場面もあるのですが

敢えてよまないところもあってムードメーカー的なのです。

 

でも、抑えるところは抑えていて

意地を張り続ける主人公を絆していく雰囲気、言葉が本当よかった!

 

主人公と彼のルートは壮大なラストを迎えるので

賛否両論が繰り広げられていますが

私はアリだなと思います。

 

自分たちの恋を取るか、周りを取るか。

現実にもあり得る2択だけど

 

彼らの立場なら壮大にならざるをえないし全てを捧げるほどの恋愛ともなれば

代償も大きいものになるだろうし。

 

切なさに疲れを伴う内容ではありましたが

最後まで一気に進めてしまう引力はあったレオンルートでした。

 

 

感想:戒めと狂乱の騎士 ギスラン

 

辛辣な言葉を投げかけてくる軍人気質のギスラン。

見えにくい優しさを常に胸に秘めていて言葉の裏に思いやりが隠れてます。

 

自分を律し、4人の騎士の中でも厳しい立場にある彼はそれに耐え

辛さを微塵も見せない姿に

本気で支えてあげたくなるような魅力があって困りました(真剣)

 

ギスランのデレの破壊力は凄まじいです…♡

 

少々血なまぐさいところはありますがこれもありです!

どのエンドも彼らしくて回収も苦ではないほどに

のめり込んでました(笑)

 

ENDも後日談も甘々でした。

照れながらも自分の気持ちを伝えるギスランは意外と直接的な言葉で熱く語るので

思わずこちらがニヤけてニヤけて…

 

ギスラン最高ー♡

 この一言に尽きます。

 

 

 

攻略はこちら