『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、公に叫べない乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。

【華ヤカ哉、我ガ一族 幻燈ノスタルジイ】キネマモザイク情報屋モード感想・喜助との2年目



PR



kengakimi_vita1_01.jpg


Vita【華ヤカ哉、我ガ一族 幻燈ノスタルジイ】

 

kisuke.png

 
<キネマモザイク情報屋モード>有田 喜助(CV:片桐勇介)

 

玄一郎に雇われている情報屋。

この時代には珍しいレディーファースト主義。

困っている人がいると放っておけない。

主人公や兄弟達が困っている時によく助言する。

恋愛情報は間違っている事がある。

 

 

感想:一番の常識人

 

主人公が使用人になるきっかけを作った喜助さんは

人当たりも面倒見もいい常識をわきまえた青年。

 

兄弟たちのルートでも仲を取り持ったり

助言をしたりと活躍するのですが

 

今回は彼視点でのゲームで

パラメーターを上げつつ依頼をこなし

主人公との交流を図っていきます。

 

でも、出てくる選択肢は

主人公視点で進められてて完全【彼視点】というわけでも

ありませんでした。

 

大筋的には

身分の差もないので反対されることもなく

兄弟や千富さんまでもが応援してくれるなか愛が深まる訳ですが…

物語を盛り上げる障害などは少なめで

 

喜助の縁談話が

障害らしい障害になってなかったのが

個人的には残念だったりしてますε-(´∀`; )

 

どちらかというと恋愛の仕方や思考が近代的で

奥手ながらも自由恋愛を楽しんでいくような

そんな感じなので。

 

あの縁談話で盛り上げて欲しかった!

 

ただ、つまらない?と言われると

そうでもなくて

 

照れ屋なところや実は初心なところのある喜助は

それなりに魅力的ではありました。

 

ただ、ちょっと物足りなかったというのが

正直なところです。

 

もう少し長めだったら

盛り上がったのかな?と思われる喜助さんでした。