『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。

【遙かなる時空の中で6】感想:大人の哀愁漂う小説家《村雨》



PR


kengakimi_vita1_01.jpg


Vita【遙かなる時空の中で6】

 

村雨

……や、今のはちょっと気障すぎた。没だ、没。 

 

里谷村雨 CV:安元洋貴

 

カフェー「ハイカラヤ」に間借りしている小説家。35歳。

気だるげな雰囲気をまとい、独自の観点で世を眺める男性。

 

帝国軍と鬼の一族、どちらにも属さず、中立の立場をとっている。

裏稼業で情報屋をしており、客を選ばない。

 

 

 

 

 

感想:ラストがふさわしいネタバレ感

 

はい。今回の最年長者攻略対象 村雨さん。

いつも冷静で大人な対応(本当に大人だし)で

 

主人公を『神子』ではなく『普通の少女』として最初から扱っていて

謎の多い人だなぁ〜とは思っていたのですが

 

『そうきたか!』

 

という展開に納得しました。

 

この人は『最後に攻略推奨』とあったし 

特別好みでもなかったので(←おいッ)最後にしてたのですが

いや〜…最後で正解かも。

 

全てを知ってから村雨を知った方が深みが増すような気がします。

 

そして、彼は 

立ち絵よりもスチルの方が男前!!

 

帽子なんて被ってないで素でいなよ〜と

思わず(心の中で)つぶやきました。

 

村雨さんはどんな感想を書いてもネタバレしそうなのですが

大筋としては

大人だからこそ「臆病になる」村雨に対して

子供だからこそ「まっすぐに突っ込んでいける強さ」を持ってる主人公が

体当たりでぶつかっていって、それによって村雨が絆されていく感じでした。

 

どのルートも結構しっかりとした主人公ちゃんでしたが

このルートでは10代らしさが少し前面に出ていて

微笑ましい感じでしたね〜。

 

でも、この2人に関しては

村雨に共感することが多かったかな〜

 

だって、私、大人なんだもん(笑)

10代の頃の勢いなんて遠い過去すぎて

薄らぼんやりとしか思い出せないんだもん(T . T)

 

(なんて僻みは置いておいて)

 

クライマックスからエンディングまでも

他ルートにはない展開で新鮮でしたし

エンディングのまとまり具合も綺麗で良かったと思います。

 

これから遥か6を楽しむ方は、ぜひ

彼は最後に攻略することをお勧めします。