『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。

【遙かなる時空の中で6】感想:記憶をなくした憑闇《コハク》



PR


kengakimi_vita1_01.jpg


Vita【遙かなる時空の中で6】

 

コハク

は!俺の女神様、発見! 

 

コハク CV:阿部敦

 

帝都に蔓延する、原因不明の病を患った青年。

病の影響で記憶を失っている。17歳。

軍人に捕縛されそうなところをかくまわれた経緯で、

ダリウスの邸に居候することに。

 

明るく、てらいのない性格で、世話を申し出てくれた主人公を慕っている。

 

 

 

 

 

感想:大型ワンコ・忠犬コハク

 

屈託のない笑顔を振りまきながら

周りを明るく取り込んでいくコハク。

 

主人公に助けられた時から『女神様』だと懐いていて

常に主人公のことを考えて動いている。

 

ダリウスに出された条件で

記憶を取り戻そうと動くが乗り気になれないコハクに

主人公が励ましの言葉をかけつつ進んでいく感じなのですが

 

どうも、こういう屈託のないキャラにのめり込みずらくて

『うんうん・・・頑張るんだぞ!コハク〜・・・』くらいのテンションで

さらりと進めていたのですが

 

エンディング手前のクライマックス時のコハクに

やられました。

 

そうきたか〜と(軽く)涙腺を刺激されつつ

ラストが気になって進めてみたら

 

気に入られる気質の子は

誰にでも気に入られるのね〜

老若男女どころか人外の者にまで…(笑)

  

最後はちょっと御都合主義が前面に出てはいましたが

まぁ〜コハクなんで、有りかなぁ〜と♪

 

一言でコハクルートの感想を述べるなら

 『よく頑張りました!コハクくん』

といった感じでした。