『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、公に叫べない乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。

【遙かなる時空の中で6】感想:純粋培養された天然男子《九段》



PR



kengakimi_vita1_01.jpg


Vita【遙かなる時空の中で6】

 

九段

 今はただ——ぬしの涙をぬぐってやりたい

 

萩尾九段 CV:四反田マイケル

 

星の一族の青年。19歳。

帝国軍の相談役。龍神の神子の召喚儀式を行った。

神子を守る使命を何より大事にする、心優しい人物。

 

長年、書物と向き合って暮らしていたためか

世の常識とずれた、古風で天然な言い回しが多い。

 

 

 

 

 

感想:ぽかぽか日の当たる縁側のような雰囲気

 

生粋の良いところのボンボン(←)らしく物言いは上からなのに

天然っぷりがそれを相殺して全体的に可愛らしい印象の九段。

 

恋も友情も知らない九段との

段階を踏んだやりとりが何とも初々しかったです。

 

全体的に白龍の神子であり九段とは幼馴染の千代と

九段と主人公での3人のやりとりが多くて

 

もう、主人公と千代との関係は

召喚される前のやりとりで想像ついてましたが

千代ENDと九段ENDでハッキリしていきます。

 

千代と九段が古風なせいか

どちらもENDがまったりと昼下がりの縁側にいるような

そんな印象を受けました。

 

きっとこの3人は

こんな風にまったりと時間を紡ぐんだろうなぁ〜と

的外れな余韻があった九段ルート。

癒されました( ´ ▽ ` )