『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、乙女ゲームの感想や攻略を中心に綴っています



【Code:Realize ~創世の姫君~】感想・常に不機嫌そうな『人間兵器』

Vita【Code:Realize ~創世の姫君~

f:id:syumiroom1:20180205130523j:plain

る男を探している。何故かだと? 殺すためだ」

 

エイブラハム・ヴァン・ヘルシング(CV:諏訪部順一)

 

最強、そして最凶とまで謳われる吸血鬼狩り。

英国軍に従事した過去を持ち、当時から『人間兵器』と比喩されるほどの

身体能力と戦闘技術を兼ね備えている。

 

自身の因縁を晴らすためにある人物を追っている。

 

 

 

 

 

感想: クールさに潜んだ可愛さに惹かれました

 

尋常じゃなく強くて常にクールですました彼、ヴァン。

個人的に特に惹かれるものはなかったんですが

初めて主人公に護身術を教えた時

『先生』と言われて密かに喜んでいたり

 

その後レクチャーを終えた

主人公が強くなった気がすると言った時

  『錯覚だ』とツッコミを入れた彼に心を刺激され

 

更に主人公が

『今なら敵でも倒せそう』

『ヴァンも倒せそう』

 

と言ったときの、ヴァンの真顔3段落ちで

完全に心動かされて

(別に選出の基準が「笑い」なわけではないのですが…)

1日とかからずに攻略してしまいました(笑)

 

でも、全体的に

彼の設定上、内容はシリアスでどちらかというと『陰』。

 

惚れた腫れた(表現古)は態度的には分かるんですが

特に甘い言葉を囁くでもなく、

離れていくヴァンを追いかける主人公スタイルで

進んでいきます。

 

でもヴァンは捕まえた後、甘いです。

デレの破壊力ったらありませんでした。

 

『やだ、ヴァンこんなこと言っちゃうんだ♡』

 

とニヤケます。

 

さすが英国騎士団に在籍していただけはあります。

本人も言ってましたが「女性の扱いは心得てる」というのは本当だったようです。

 

 

 

攻略はこちら