『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。




f:id:syumiroom1:20171124080928j:plain
【VR】ミュージカル『刀剣乱舞』 ~三百年の子守唄~ 全話パック+特典映像


【黒雪姫~スノウ・マジック~】感想:「デューン」



PR


kengakimi_vita1_01.jpg


PSP【黒雪姫 ~スノウ・マジック~

20141221173423298.jpg

 

〈東の国・アパラシオン国王〉デューン=バクスター(CV:杉山 紀彰)

 

元七人の同盟者の一人。

東の国、アパラシオンの国王に就任。

 

何に対しても、ゲーム感覚なところがあり、軽薄。

女性関係が派手な自信家で、

落とせない女はいないと思っている。

 

遊び人風だが頭はきれ、国王という身分にありながら、

本職の騎士に引けをとらない剣の達人でもある。

 

 

  

PR

 

 

 

 

感想

 

ルヴィアンのいないトレゾアで、

女王を務める白雪姫はデューンと恋人同士。

 

ある日、トレゾア、プラチナム、アパラシオンの3国に

タレンシカが、戦争を仕掛けると情報が入り

3国会議が開かれます。

 

タレンシカには、白の魔法使いがついてるときいて

白雪姫が、黒の魔法使いとも知り合いの

魔法に詳しい「ルヴィアン」を探すことに。

 

会議を終え、デューンたちが帰国したあと

ルヴィアンを探しに出た森で

白の魔法使い(正体はまだ不明)と会います。

 

自分を知る青年に、誰かと問いますが

ルヴィアンの、母のような人に恋をしていると残して去って行きます。

 

青年が気になりつつも、執務の書類の山にてこづり

自分の無力さを感じているところに

 

オムニアが、3国会議がアパラシオンで行われると

書簡を持ってくるのですが

 

前回の戦争の話になり、オムニアが『あなたのおかげ』と言っても

主人公自身は「私は役に立たっていない」と自信を持てません。

 

そして、アパラシオンで会議を終えて帰って来る途中

また青年に会い、白の魔法使いと知ります。

 

それから、すぐに戦争が始まり白の魔法使いに弄ばれ

戦況が思わしくないところ

ルヴィアンがひょっこり帰ってきて…

 

と言った具合にお話は進んでいくのですが

 

このルートの主人公は、少し自分に自信のない感じで

デューンが支える感じで進むのかな??思いきや

 

ルヴィアンに嫉妬して、余裕をなくしてみたり

失うのが怖くて、余裕をなくしてみたり

主人公の一挙一動に、あたふたしてみたり

 

飄々としてるだけじゃない、

「本当のデューン」が散りばめられていてキュン♡です。

 

もちろんカッコイイところも多々あって

楽しめました。

 

でも、BESTENDの先は

悲しい別れがあるのかな…?とも思える内容で気になりました。

 

色々、国王同士ということで問題は山積みですが、

「今、この時を共に過ごしていく」といった前向きな感じで

まとめてあるのかな〜と、勝手に納得してます。

 

 

 

 

黒雪姫 ~スノウ・マジック~

黒雪姫 ~スノウ・マジック~

 

 

 

攻略はこちら