『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、乙女ゲームの感想や攻略を中心に「好きなもの」を雑多に綴ったBLOGです。

【十三支演義~偃月三国伝~】感想「趙雲」



PR


kengakimi_vita1_01.jpg


PSP【十三支演義~偃月三国伝~】 

20141205101607280.jpg

 

趙雲(CV:鈴村健一)

 

世間の常識に捕らわれず自分の直感・信念に素直に生きる武将。

性格はとてもおおらかでなんでも受け入れる

度量の大きさを持っている。

 

真面目でしっかりしており頼り甲斐もあるが

おおらかすぎる故の天然な一面も持ち合わせている。

 

 

 

 

 

感想 

 

幽州の太守、公孫賛に仕えている武将です。

世間の常識に捕らわれず、自分の思ったことを素直に口にするので

たまに(毎回•••?)恥ずかしいことも言います←

 

猫族のことも、偏見を持っていないので

猫族たちに自然と溶け込んでいきます。

 

ルートに入ると

趙雲は主人公や張飛、劉備たちの

兄のような立場になっていき

頼られることも多くなっていくのですが

公孫賛からの命もあり、常にそばにいて絆を強めていきます。

 

そして、猫族たちの生活も落ち着いた頃

公孫賛の体調が悪いことを知り戻ることにした趙雲に

主人公は寂しくなりついていくことに…

 

そうして、色々諸々あって 

 

趙雲との間に距離が出来てしまい

 

そばに居てほしい主人公と

いろんなシガラミや横やりで

 

そばに居ることに耐えられなくなり離れていこうとする

趙雲とのやりとりにドキドキでした。

 

気持ちが抑えられなくなる趙雲が意外に子供っぽく

ヤキモチを焼いてみたりするあたりも可愛い…

 

スチルのアングルや、差し込みのタイミングも良くって

久々にキュンキュンきちゃいました。

 

天然キャラ、美味しかったです♪

 

 

 

攻略はこちら