『乙女ゲームが大好きです!』

と言えない小心者が、乙女ゲームの感想や攻略を中心に綴っています



PS2【薄桜鬼〜新選組奇譚〜】感想

PS2【薄桜鬼 〜新選組奇譚〜】

 

家庭用ゲーム機での「乙女ゲーム」にハマるきっかけになった

最初の1本。PS2版の薄桜鬼でした。

 

薄桜鬼(通常版)

 

幕末、文久三年

主人公・雪村千鶴(江戸育ちの蘭学医の娘)が

京で働く父・綱道との連絡が取れなくなり

 

心配になった千鶴は、

男装をして京の町を訪れ

 

そこで千鶴はある衝撃的な場面に遭遇し、

新選組と出会い、父の行方を共に捜すこととなって

 

新選組隊士達の間で起こる出来事、自身の出生、交わる新撰組の隠された秘密。

幕末を駆け抜ける男達の生きるための闘いが繰り広げられる・・・

 

といった感じの、

もう知る人ぞ知るストーリーです。

 

 

  

PR

 

 

 

 

攻略対象は

土方歳三、沖田総司、斎藤一、藤堂平助、原田左之助、風間千景。

 

共通ルートから分岐して行く訳ですが

元のお話が新選組と言う事で、比較的ベストエンドでも

何とも言えない寂しさが残るお話です。

 

何度涙した事か・・・。

 

でも、刹那的だからこそのトキメキと言いますか…

のめり込んでしまいました。

 

個人的に好きなキャラは

風間>原田>沖田>土方>斉藤>平助

 

一番好きなのは千景さん!

彼のツンデレぶりに、津田さんの声がピッタリ嵌って

個人的に断トツ萌え♡

 

コレを切っ掛けに、津田さんのファンになって

その後色々声優買いする切っ掛けになってます。

 

左之さんは、女慣れしてるくせに主人公への気持ちに

色々と葛藤してる姿に萌えたし

 

総司は、無邪気な腹黒さをかもしつつ

実は、人一倍「自分の存在価値」にこだわっている所に

母性本能がうずきまくり・・・

 

土方さんは、もうなんて言うか

『THE 漢!!』って感じで・・・ギリギリまで主人公を突っぱねて

ひとりで全てを受け止めて行く感じに焦れつつも

主人公の存在の大きさに気付いて行く様が・・・・(興奮)

 

はじめちゃんは、

真面目故の葛藤で、主人公に励まされ

ぼそぼそと可愛い事言ってくれるし

 

平助は、若さゆえに、理想と現実の間で揺れつつも

自分なりに生きて行こうとする姿が良かったかな〜

(主人公とも歳が近いせいで可愛らしいカップル感がまた良かった)

 

発売してから5年以上経ってますが

まだまだ人気のゲームのひとつだけあって未だに大好きです。

 

ただ、チョット引っ張り過ぎてる感は否めませんが…

色々展開する中でも、個人的には初期のゲームが一番好きです。

 

 

 

薄桜鬼(通常版)

薄桜鬼(通常版)